ホーム > 7つの島の遊び方 > 小豆島

小豆島

1 2 3

オリーブの島小豆島へ

小豆島に初めてオリーブがやってきたのは明治41年。
オリーブ栽培の試験地として、唯一栽培に
成功しました。 小豆島の温暖で乾燥した気候が、
オリーブを育てるにはピッタリだったのです。

それから、100余年。
小豆島のオリーブは全国へ出荷され、たくさんの人に
愛されるようになりました。

小豆島のおすすめスポット

二十四の瞳映画村

二十四の瞳映画村

瀬戸内海を見渡す海岸沿いに造られた、映画と文学のテーマパーク。
2度にわたって映画化された小説「二十四の瞳」のロケ用オープンセットを改築した もので、「岬の分教場」や「男先生の家」など14棟のセットを公開しています。
また、キネマの庵ではアルマイトの食器が懐かしい給食セットが楽しめます。

詳しくは二十四の瞳映画村HPへ

エンジェルロード

天使の散歩道とも呼ばれる小豆島のエンジェルロード。 1日2回、干潮の時だけ現れる1本の小道。この道で手をつないだカップ ルは将来結ばれる…
そんなロマンティックな噂のある不思議な場所。神秘的な景色が広がります。

詳しくは小豆島国際ホテル「エンジェルロード」ページへ

エンジェルロード
醤の郷

醤の郷

小豆島で醤油作りが始まったのは江戸時代、400年ほど前のこと。
そんな小豆島の片隅で、醤油蔵や佃煮屋が軒を連ねる場所を「醤の郷」と呼んでいます。 醤油の発酵により黒くなった屋根や塀が、雄々しい洞雲山に抱かれて落ち着いた雰囲気 を醸し出し、懐かしい風景と醤油の香ばしい香りに包まれます。

詳しくはEedee「醤の郷散策MAP」へ

小豆島の瀬戸内国際芸術祭作品

迷路のまち

土庄本町は細い路地が入り組む、いわば迷路のまち。
この独特なエリアに新たな「路地」を仕掛けるプロジェクトを実施します。
今回はそのプレ段階として展開し、今後も継続を予定。

無料の散策ツアーのご案内はこちら

迷路のまち

路線バス時刻表