働く先輩たちにインタビュー

働く先輩たちにインタビュー

小豆島高校出身

葛西 沙紀
営業予約部|フロント課長
1981年小豆島生まれ。30代

インタビュー

#1

2児の母、フルタイム勤務。
一度転職して戻ってきた出戻り組

入社した21歳の頃は、結婚して出産したらすぐ辞めるつもりだった。実は入社3年後に転職して別の仕事をしたことがあるが、うまくいかず戻ってきた出戻り組だ。結局ここで働く人が良かったのだと言う。26歳で結婚、その後2度の出産。行事があったり、子どもが体調を崩したりして突発的なことも含め穴をあける事もあるが快く帰してもらえる。ホテル業だから夜の勤務体系もあるが、会社からの配慮でずっと外してもらっている。入社時よりも現在は社員比率が増え、とても働きやすい環境になった。

最年少の女性管理職として、周りのお手本になっていたらいいなと思う

2人目の出産後、新しく課長職のポストができた時に昇進した。子どもがいて、朝来て夕方には帰るし、昇進を告げられたときには自信がなくて「無理です」と答えた。結局説得されて課長職に就いたが、やっているうちに「できるかな?」と思い始めた。接客が好きで、周りが状況を理解してくれて、現場の仕事で、特に困った事はなかった。女性上司だからこそメンバーも相談しやすいかもしれない。ただ、ベイリゾートホテルで初めてのワーキングマザー管理職。周囲が戸惑っていると感じる事もあり、配慮でなく遠慮されていると思う時もある。言ってくれたら、できる限りの事はしていきたい。そして、自分が周りのお手本になっていたらいいなと思う。

いま仕事は生活の一部。
でも無理をしないようにしたい

長く働いていると仕事は生活の一部になり、この会社以外考えられなくなった。夫は仕事で家を空ける事が多く、仕事の他に育児と家事をこなす毎日。仕事はとても好き。でも体調を崩した事もある。その時も会社は優しくて2週間休ませてもらった。身体は1つしかないので、無理をしないようにしようと思った。母親になってみて、お子様連れのお客様に話しかけやすくなった。自分自身がよく話しかけるからか、部署にワーキングマザーが多いからか、みんなお子様連れのお客様に積極的に話しかける。「人にやさしく笑顔で」がモットー。明るく、プラス思考の人と一緒に働きたいなと思う。

100人いれば100通りの価値観を大切にしたい